paper island 十周年

実は本日、1月14日は、このサイトを開いてから10周年目にあたる日なんですねえ。おめでとうございま?す!って誰に言うとるんじゃ?!さて、10年前は何をやってたか?1997年のデジカメの写真を見てみると、デモテープを作っていた、恵比寿あたりのスタジオ・・・結局、その音は表に出ることは無かった。
あと、横浜ベイスターズの壮行会で歌っている写真があった・・・その翌年、ベイスターズは優勝した。
あとは、路上ライブに挑戦していた・・・代々木公園。
1997年・・・全体的には大きな変化のない年だったみたい。

そして、もう一つ付け加えれば、さらにその10年前、

1987年4月・・・日浦孝則、ソロデビュー!なんだよね。
なので、今年、歌手デビュー20周年の年でもあるわけです!

というわけで、節目の年と言えそうな今年・・・一から始めてみようと思う。
これまで・・・ありがとう!
そして、これからも・・・よろしく!

今回、日浦孝則デビュー20周年記念というわけでもないけど、そのデビューのきっかけになった曲のデモテープをPodCastにしたよ。(ようそんなもんもっとるな?!?)
その大事な曲は、「Angel」。このデモテープがレコード会社(テイチク)の耳にとまりデビューとなった。そして、このデモのアレンジとキーボードを弾いてくれたのが太田美知彦。当時、太田は所属していた事務所から歌手デビューしようとしていたんだけど、この太田の手伝ってくれたデモテープが気に入られて、その同じ事務所に所属することになった俺が、太田より先にデビューしてしまった・・・今でも、そのことは太田の恨みを買っているらしく、チクチクと攻められる・・・これホント!

先日、1986年のこのデモテープ作りの事を話していたら、なにかヒドイ印象があったらしく、当時の様子を太田は結構覚えていた。
このデモテープの音を聞くと、どこか寒々としているのだけれど、録音が行われたのは夏真っ盛りの頃。当時、生活がやっとの俺たちの部屋(バンド3人で住んでいた:中野新橋)には、エアコンはおろか扇風機も無く、非常に蒸し暑かったらしい、さらに、キーボードのダンパーペダルも無い・・・「まいったよ!(太田)」って言ってた。
この「Angel」は、このサイトに良く来るみなさんは勿論知っているよねえ!?

えっ、知らない!?・・・それは、もぐりだ・・・たいへんだ?、BOOK OFFとかネット通販、何でもいいから、日浦孝則1stアルバム「BELIEVE」を聞きなさい!
アルバムでは、りょうちゃん(梁邦彦)による、デモテープのイントロ部分を生かしたアレンジで、TOMさんの間奏の泣きギター!それに呼応するようなグリコさん(富岡グリコ)のドラマティックドラム!そして、その間を縫うような色っぽい健さん(平田健)のフレットレスベース!・・・いいんですわ!

この記念すべきデビューアルバム・・・「BELIEVE」は俺の原点であり、等身大の唄唄唄・・・、ほんまにえーなあ。。

あれま、紹介が長くなった・・・じゃあ、1986年夏・・・Angel デモテープ (アレンジ/キーボード:太田美知彦)・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です