Subscribe to
Posts
Comments
headerimage2  

三原 2009.8.15

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 三原 2009.8.15
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]

終戦記念日に、やって参りました、三原です。広島県内で2カ所目のライブ。三原という土地は、僕が産婆さんに取り上げられた場所です。
そして、学生の頃、縁あって、三原文化会館で行われていた三原フォークタウンの定期コンサートに出して貰ったりしていました。今回のコンサートは、まさに、その三原文化会館が建て替えになり、”三原市芸術文化センター ポポロ”という名前で生まれ変わった建物を会場として使わせていただきました。

その会場に行く前に、まず到着したのが、今回の三原でのコンサートを主催してもらった、UZのお好み焼きのお店:Fancy Freeへ。UZに初めて逢ったのは、今から25年前くらい、彼が高校生で、フュージョンバンドのコピーをバリバリやってるバンドのギターリストとして活動している頃。

↓三原焼きのお好み焼きのお店:Fancy Free。三原焼きを、これからUZが焼いてくれるんです!
三原-01

 

が、その前に、このHPをご覧になっている方はご存じだと思いますが、UZは愛車改造マニアというか、セミハードな部分の改造が得意。で、以前、画像でしか見たことの無かった、モニターが沢山付いたTODAYの実物を見せてもらった!
三原-02↑判るかな?天井にも後部座席用のモニタで、合計7つのモニタが装備されている。
が、用途は、ぱっと見では解らなかった。

 

続いて、これは、何と言えばいいのだろう、天井が、後部の収納スペースに収まっていくのだけれど、その収納スペース自体、後部のトランクがうぃ~んと持ち上がってきて・・・、なんというか、ガンダムみたいなメカなのね。う~ん、だんだん、ライブレポから遠ざかっていく・・・。
三原-03

 

で、やっと、UZに焼いてもらった三原焼き!美味しい。広島焼きと違って、素材が色濃く味わえるという感じ。ミッシェルは、そばの代わりに、うどんで。
三原-04

 

これは、三原にしかない?らしい、”スマック”、クリームソーダ。ひと飲みで、すぐにあの頃へ。
三原-05

 

お腹も落ち着き、会場に移動。ここが、今日の会場。”ポポロ 2Fリハーサル室”。ものすごく奇麗!
三原-06

 

UZや今回のコンサート実行のために、多くの地元の有志の皆さんのご協力を頂いて、全てが手作りです。本当にありがとうございます。照明も、1からセッティング。
三原-07

 

ポスターも三原独自のポスター。ありがたいねえ!
三原-08

 

これが、控え室、むっちゃ、広いし、奇麗。ここもリハーサル室なので、防音されている。
三原-09

 

さて、開演しました!オープニング・アクトの”Project M”。彼らも、三原フォークタウンの頃に知り合って、一緒に演奏したり、家に泊まり込みで合宿したりした仲間の、松山と槇奥のMコンビ。今日も泊まりは、25年ぶりの松山んち。写真、小さくてごめん。でも、会場全体の雰囲気が分かるでしょ。
三原-10

 

さて、俺達の出番。”Project M”が終わって、30分も休憩で、お客さんも???だったけど、これは、スタッフのアイディアで日没の頃合いを狙ったもの。窓の外は、山陽線と新幹線の構造物があり、その夕景を、ステージの背景に利用してしまうという試み。俺たちが眺めているのは、そろそろ良い感じになってきた、窓の外の黄昏・・・。
三原-11

 

そして、歌い始めた、”♪たそがれが~ ちかづく~ ・・・ Oh STATION~”、この唄は、まさに、瀬戸内海に面した駅の情景を表現したものだったけど、この曲がオープニングの曲だなんて、スタッフには伝えてなかった。両者の想いが生んだマジックですにゃあ・・・。
三原-12

 

三原-13

 

いつものように、CD即売サイン会&握手会。ありがとうございま~す!
三原-14

 

打ち上げも、今回のスタッフとして協力いただいたsatoさんちで。お世話になりました。
三原-15

 

朝、25年振りに目覚めた松山宅。おはよう!。お~、俺も自宅の、ぷっぷに会いたいなあ~。
三原-16
というわけで、三原でのコンサートの様子でした。今回の会場は、公共施設ですので、数ヶ月前から、予約、くじ引きをしていただきました。そっして、チケットやポスターも手作り、会場の設営も手作り!
ほんとに、ありがとうございました。昔からの顔なじみや知り合いと、今回、懐かしく再開し、一緒に何かを作り、楽しい時間を共有し、非常に幸せでした。ただただ、感謝です。
そして、お疲れ様でした。

p.s.  また、Fancy Free のPCは、ここ見てフリーズしてるかな?

3 Responsesto “三原 2009.8.15”

  1. 1  UZ@FANCY FREE より:

    キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!!
    って感じですね! マニヲタの部屋に ようこそ♪(違

    何と、当日は 1時から ポポロ会場の 設営に行くと 決めておきながら
    直前の 12時に 店を開けて 日浦さん達に お好み焼きを食べていただくという、
    超・無謀な 強行ブッキングにより、身も心も ボロボロになっての
    スタートでしたが、いざ 蓋を開けてみると 予想外の大盛況で、
    一番驚いたのは 実は 僕だったんじゃないかと思う 今日この頃です。

    ポスターや チケット、音響、照明は 松山氏 ほか スタッフに まかせっきりで
    σ(^_^) は 単に とりまとめをしてただけです。 ((((((((((((((((^^;

    M と 日浦さんとの 時間が 少し長く開いたのは、
    日浦さんユニットの演奏は、最初から 7時スタートだと 告知していましたので
    コアなファンが 仕事の都合上、7時に合わせて 駆けつけます! と聞いてまして
    どうしても 1曲目の 「STATION」 から 漏らさず 聞いて頂きたかったので
    定刻の 7時スタートで 強行させて頂きました。

    それが 何と、ちょうど 日没ピッタリで、しかも 直前に 新幹線が 到着!!
    最高のシチュエーション、演出と なりましたね♪ (@^^)b

    至らない点も 多々 ありましたが、結果的に 何もかもが プラスに作用する
    不思議なオーラを感じた コンサートでした。

    しかも、1500円という 価格破壊チケットで ミリオンセラーアーティストの
    演奏が 間近で聞けるという サプライズな 企画でした♪

    また 来年も やりたいですね。
    今度は 2部構成にして、2部は 地元で フルの バックバンド 組みましょうか?

    あ、店のPC、この記事 直リンクなら 大丈夫ですが、
    1993.jp トップで は固まります(笑)。

  2. 2  日浦 より:

    >UZ@FANCY FREEさん
    お世話になりましたねえ。
    三原は、ほんとに手作りで暖かいコンサートが出来て、ありがたかったです。
    新幹線が窓の外を通ったんだね。
    へ~、後ろ向きだから、見えなかったけど、良い感じだったんだろうね。
    また、やりたいなあ。よろしくお願いします。

  3. 3  UZ@FANCY FREE より:

    「心のベル 2010」 ですかぁ! ヽ(´▽`)/
    年明けには プロジェクトを 立ち上げますね!

    Today のモニター、無事 8個目が 付きました♪ (@^^)b
    http://www.fancyfree.jp/blog4/today527.jpg

    詳細な作業内容は アメブロに書きました。
    http://ameblo.jp/nourou/entry-10332065080.html

Leave a comment

Your Comment ( 縮める | 拡げる )