悪質な「著作権侵害」の申し立て

私と同じような悪質な「著作権侵害」の申し立てを受けている方は多いと思いますので、この件に関して書いておきます。
昨日も、私がYoutubeにアップロードしている動画について、4件の悪質な「著作権侵害」の申し立てを受けました。
著作権侵害の申し立てを行ったのは、Muserk Rights Management という名前のものです。
なぜ、悪質かというと、このMuserk Rights Management は、私が作詞、作曲、及び歌唱を行っている楽曲に対して「著作権侵害」の申し立てを行ってくるので、歔欷の申し立てであるのは明らかで悪質です。
ですので、Muserk Rights Management から、同様な「著作権侵害」の申し立てを受けている方は、自信をもって「異議申し立て」を行いましょう。
他にも、同様な虚偽の「著作権侵害」の申し立てを行うものが多数ありますので、また発見したらここで追記していきます。

1 Comments on “悪質な「著作権侵害」の申し立て”

  1. Muserk Rights Managementの権利主張が、非常に目立ってきました。
    YouTubeに主張する権利の内容を聞いても教えません。
    徹底し詐欺行為を幇助します~
    しかも、権利の正当性など全く未確認、最近は、再審請求後に動画が削除された後、
    再度の請求を行うと権利を主張する団体が裁判所に権利の証拠を提出をしなくて済む様に
    YouTubeが独自に権利を判断し、徹底的に詐欺団体を守っています。YouTubeには正義感
    など一切存在しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です