コーヒーがりがり:その5「Holiday」

M5:Holiday 作詞、作曲:日浦孝則 編曲:篠崎央彡


広場に続く石段を君が
踊るように駆け上がる
振り返る悪戯な hmm 瞳に
短く切った髪が似合ってる

初めて君に出会った あの頃のように

Holiday ゆるやかな風に吹かれて
Holiday 心が溶けてゆく
Holiday 弾けるような微笑み
時を止めてこのまま 見つめていたい

♪・・・

この曲は、知っている人も居ると思うけど、classの3rdシングルとして発表した曲。

この曲は製作やプロモーションで悲しいことが色々あったなあ~。

自分が作った曲は、ほんとに可愛いから、その子が酷い扱われ方をするととても辛いものだ。

まず、当時、歌詞の内容を、元有った歌詞を捨てて、全面的に書き直す作業をした。

それは、ドラマの主題歌として使われることが決まったからだった。

「白の条件」という若い女医が主人公のシリアスドラマ。

だから、Holiday という言葉のイメージとは違い内面的な心の葛藤を越えてHolidayに辿り着くという、ちょっと無理矢理な展開。

当時は、自分でも納得してたし、その歌詞で歌えば、あの懐かしい時代が蘇って気持ち良いのだけれど、今回は、敢えて、初心に戻って、元の歌詞をベースにして多少書き直し、Holiday 2012version としてリリースした。

Holiday は映画「ローマの休日」をイメージして書いたものなので、あんまり深い意味は無い。
 
ここでも、Gibson J-45を弾いている。

そして、この曲では、ゲストボーカルとして、千綿偉功くんに参加して貰った。


彼の声は、俺の声ととても合う!

2012のツアービデオの中にレコーディング風景がチラッと写っているけど、気持ちのイイコーラスの場面を見ることが出来るよ!

更に、渚カルテットのみんなにもコーラスをしてもらってる。

Strings:渚カルテット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です