広島 2009.8.13

天国と地獄というような高松での一日が明け、本日13日は、一路広島に向かいます。地理的には、倉敷、三原を先にやれば良いんじゃないの?って思うでしょうが、広島でミックスを担当する村上政夫は、俺の高校時代の同級生で、フォーク・デュオの相方で今や、中国地方界隈では売れっ子の音響屋なので、この近辺では、13日しか空きが無く、広島が先になった。
hirosima-01

初めての本四橋、瀬戸大橋を渡って、香川県から岡山県に入る。
hirosima-02

広島は”楽座”というライブハウスでのライブ。ミッシェルはここでは良くライブをやっているらしい。
hirosima-03
そして、驚いたというか、嬉しかったというか、ステージの後ろにあるパネルは!!な~んと、吉田拓郎さんの歌碑が掲げてあった。歌は”今日までそして明日から”という、最近、改めて、僕がやたらと感心してしまった拓郎さんの歌、これほどシンプルで深い歌はないなあと、良く一人で歌ってた、その歌碑のレプリカである。頑張ってしまうのである。

hirosima-04

 


この男が、村上政夫。高校時代からの仲間。広大理学部卒業したのに、彼が音響の道を選んでしまった責任の半分は僕にあります。後の半分は、明後日、出没する予定の岡本泰一のせいです。でも、嬉しそうでしょ!
hirosima-05

今回のチラシ。お気づきの方もいると思いますが、東京のものや京都のものとも違うでしょ。なんと、会場ごとに違うチラシなのです、俺も、出来上がってはじめて知った。そんな、細かい動きをするのが、その下の写真の屋敷貢一だ。
hirosima-06

ちょっと、ピンぼけだけど、高校時代、呉三津田フォークソング部の1つ後輩。屋敷も、当時の音楽シーンの虜になり、フォーライフレコードと盛んに交流を持ちつつ、大学早退後?福岡が本社の、所謂、イベンター屋さんに就職。それはそれはサービス精神たっぷりな彼のこと、業務も、担当するアーティストさんとの逸話も、数限りなく楽しいものが残っている。
hirosima-07

今回、写真を撮ってくれた、”まりちゃん”・・・・男なのに、何故か?・・・名字がねえ、”倉田”です。
hirosima-08

山根くん。一瞬、”また逢う日まで”の尾崎紀世彦に見えた!?。彼も、フォークの後輩、彼も、音楽に現をぬかすうち、ローディー会社の一員として音楽業界で活躍している。
hirosima-09

これは、フォークのかつては可愛かった女子部員たち。まあ、今も可愛いねえ。遠くからもありがとう!
hirosima-10

ほんと、同窓会です。まだ、本番前なのに、プチ同窓会が始まっています。
hirosima-11

お世話になった、”楽座”のマスター、石澤さん。FM広島のパーソナリティもなさっています。これからもよろしくお願いしま~す!
hirosima-12

 


さて、どっちだ~?年下は?・・・ってなこと言っていると、ボカっとでっかい手で叩かれてしまいそうな、左のピンクが、乱心気味の・・・、いえいえ、よく似合ってるのが、大学のサークルの先輩で、現キサダ楽器社長の木本さん。木本さんには、京都にいるころ世話になりましたが、拓郎にそっくりだった。そして、その右、お馴染みの百田さんも同じサークルの先輩。そして、その後ろに、太田美知彦が見える・・・、この広島でのライブは、俺にとっては、壊れたメビウスの輪的というか、あり得ない次元の人たちが一同に会した空間で繰り広げられた”タイムマシンにお願い”的ライブだった。
hirosima-13

で、本番が始まりました。拓郎さんの歌碑の前で歌うのは、なんか、身が引き締まる想いだ。
hirosima-14

特別参加、太田美知彦が登場。東京以来、京都、小豆島、高松とギターだけの演奏だったので、ピアノが入ると、とてもゴージャスになった。
hirosima-15

hirosima-16

そして、里帰りと、このライブの日程を、わざわざ合わせていただいての参加となった百田さん。コーラスに更に厚みが!
hirosima-17

hirosima-18

もちろん、”あの日の時計台”は歌いましたよ。♪あいつの声がやけに・・・のあいつは、村上のこと。
hirosima-19

hirosima-20

hirosima-21

いや~、しんどくて、楽しくて、音が良くて、胸一杯で・・・。
hirosima-22

CDも沢山買っていただきました!
「もう、”Station”から涙がとまらんようになったんよ~!」と喜んでくれていた古くからの友人は、100枚のCDを購入してくれた。彼女は、小料理屋さんのおかみさんだが、「個人的に、お客さんに売りたいんよ!いや~、頑張ってるしねえ。」など、ありがたい言葉。どうもありがとうございます。
hirosima-23

広島の夜は、熱くて、暖かくて、そして、ホームシックのように胸が痛む、そんな忘れがたい時間が過ぎていった。

14 Comments on “広島 2009.8.13”

  1. >まっきーさん
    沖縄から帰ってきてしまいました。
    FM北谷でパーソナリティをさせてたんですね。
    北谷の宮城海岸、Transit Cafe には行ったんです。
    また、次回行くときは、よろしくお願いします。

  2. 日浦様
     初めまして。実は昔従兄の結婚式でお会いした事があります。
    その時に日浦さんの生歌をきいて、レコードを買いサインをいただきました。
    私の従兄はこちらに写真がある屋敷貢一です。

    6月に広島へ帰省した時に、従兄に日浦さんのチラシを見せてもらいました。
    今度沖縄でライブをされるそうですね。
    スケジュールが合えば、私の担当しているラジオにご出演いただければなぁ
    なんて思ったりして・・・。沖縄楽しんでくださいね!

  3. >NOTHとくなが さん
    ほんと、懐かしいですよね。いつなんだろう?1980年あたりですかね、フラッシュバックするとしたら。まだ、みんな、20代のピチピチの夢見がちな若者で、飲んでは騒いで、恋をして。
    思い出すだけで、暖かい気持ちになる、そんな時代でしたね
    お躰、早く良くなるように、遠い空から願っています。
    また、広島に行きたいです。

  4. >hashiさん
    そうですか、アルバムもすでに購入していただきましたか、ありがとうございます。
    My Dear One は2バージョンを聞いていただいているのですね。
    「心のベル」も、とても気に入っていますので、どうぞ、お楽しみ下さい。
    これからも、よろしくお願いします。

  5. >miyaさん
    膨大な動画データを一通り見て、DVDの構想を考えましたが、なかなか、良いのが出来そうです。
    お楽しみに。

  6. >UZ@FANCY FREE
    実は、もう、三原も終わって、ツアーも終わっているのですが、やっと返事書いてます。
    三原では、ほんと、みなさん、お世話になりました。
    もう、8月も終わりだね。政権も交代したし、どんな日本になっていくのかなあ。
    また、逢う日を楽しみにしています。

  7. >Songbird さん
    いや~、広島は、ほとんど同窓会でしたね。懐かしい顔がいくつも揃って、僕自身とても楽しかったんです。それに、お盆近いのに、わざわざみんな集まってもらって、ありがたいですね。
    翌日がライブじゃなかったら、ガンガン、飲んでいたでしょう。

  8. なつかしい顔ばかりで、雰囲気も伝わってきて感動的でした。

    事故にあったために、入退院を繰り返していますが、
    元気がもらえそうです!
    ありがとうございます!

  9. お疲れ様です!
    日浦さん、通販で注文致しましたCD、届きました!
    しかも、直筆サイン入りですよね? コメントも直筆で。
    本当にサプライズです!
    聴きました。 やっぱり良いですねぇ~。
    My Dear One はやはり名曲ですね♪
    曲も綺麗ですし、歌詞もキュンとなります。
    ベルクラシックのCMとしてテレビで流れていた時から大好きで、自分の結婚式には、是非歌いたいと思っていた曲でしたからフルで聞けてやはり良い曲だなぁ~って感動しました♪
    実は、セルフカバーアルバム「心のベル」、既に持っていますよ!
    その後に、以前のアルバムが欲しくなり通販で注文した次第です。
    大切にしたいアルバムがまた一つ増えました。 どうもありがとうございます!

  10. いや~、広島も凄かったんですね。

    今回のツアーの本が書けるんじゃない?

    写真と日記とDVDがついてて・・。

    売れると思うけど企画しようか(^@^

  11. 日浦さん、お疲れ様でした!
    広島にも 行きたかったんですが、何しろ お盆 真っ最中。
    13日は 親戚一同 うちに集まって 大賑わいしてました。 A^-^;
    早く 15日の 三原に来て~♪ という想いで 待ってましたよ。

    村上さん、屋敷さん、倉田さん、お久しぶりです。 ヽ(´▽`)/
    大変 ご無沙汰しております。
    三原フォークタウンで、FANCY FREE ⇒ 農労蛇検右分田 ⇒ MILDEW と
    E.G を弾いていた 川西です。 m(_ _)m

    最初の出逢いのきっかけは、金村さんのバンドに ギターで
    参加させてもらった事でした。 「いくつかの場面」
    その翌年に 確か、僕尊、スキップネコ で 来られたんですね♪

    石澤良一さん、はじめまして。
    いつも 「オバレボ 」楽しく 聞かせて頂いてます。 m(_ _)m
    何度か 「FANCY FREE」 の ラジオネームで メールしましたが
    一度も 番組で 読んで頂いた事がありません(泣)。
    今度は 「UZ(ユージー)」 で 投稿しますので、お願いします♪ (@^^)b

  12. 日浦さん♪

    私もブログを拝見していて、胸がいっぱいの気持ちになりました!

    すべてがきっとここへ繋がっていたのですよ☆
    本当によかったですね~(6.6*)/゛

  13. 新宿たかのやでのライブに伺った、Songbirdです。
    あの日素晴らしい唄を聴かせて下さってありがとうございます。

    そして、今回のふるさとでの特別なライブのご成功おめでとうございます。

    おおたっちさん、ももちゃんさんが参加されて、厚いサウンドが
    写真から飛び出して来そうな、そんな迫力ですね。

    同級生、先輩後輩に囲まれた日浦さんの表情は、東京でのお顔と
    少し感じが違って見えますね。

    柔らかな、安堵したお顔です。

    また冬の東京でのライブ、楽しみにしております。

    道中お気をつけて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です