倉敷 2009.8.14

広島の次の日は、また、東に戻り、倉敷です。
”RED BOX”、ここは、俺が京都時代に結成したバンド、Woody Mind の初代ギタリストの一人だった、在間洋之が数年前に脱サラして始めたライブハウス。在間自身、自分が思いっきり音の出せるスペースを求めていったら、こうなった・・・ということだろう。
倉敷-01

これが、在間洋之。俺、久しぶりに会ったんだけど、「あれっ、なだぎ?!」。かなり、似てるよねえ?今にも、自転車に乗りそう!
倉敷-02

このライブハウス”RED BOX”は、ステージも客席もゆったりとしたスペースを有するが、実は、その裏側、控え室、スタンバイ室、舞台袖、など、かなり広く、都会では考えられないほど居住空間が快適に作ってある。
倉敷-03

これが、在間が最初に手がけた、練習スタジオの一部屋。ライブハウスと、練習スタジオが一緒になっている。ここでも、在間が弾きたかったギターアンプ群が並んで居るぞ、オイ!
倉敷-04

さて、ここでの、俺たちのステージショットは、結果的には、ありません。
3組の対バン形式だったので、前日の広島より、メニューはコンパクトにして演奏しました。
今回のライブハウス、”RED BOX”はとても良い環境の音楽スペースなので、もっともっと倉敷の若者が利用しまくって、地域的な盛り上がりに繋がればおもしろいなあって思った。
そして、今回、一緒に出たバンドやアーティスト、倉敷はレベル高いね!
即、デビューしても良いんじゃない!?って思えるバンドも居た。
倉敷の音楽シーンは、これから面白そう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です