previous arrow
next arrow
Slider

さよなら、池間さん。

まさかと思ったけど、どうやら本当らしい。
池間さんが亡くなった。
2019年12月28日午後20.33。
その時間は、俺、木更津で歌ってた。

池間さんに初めて会ったのは、1987年のソロデビュー直後。
代々木の野外ステージでのライブの時。
「俺、最近、Crowded House の Don’t Dream It’s Over にはまってる!めちゃいい曲だよなあ!」
って聞いて、その曲を知った。
それが、昨日のように思い浮かぶ・・・  1987.7.5 代々木公園特設ステージ

「おまえアホか! あんなにCMでたくさん流してもらった”君代奇麗になれ”を歌いたくないだと!アホ!」
「徳永も”輝きながら”を歌いたくネーって言ってた。その気持ちは解らんでもないけどね、歌うべきだよ!」
ほんとにそうだったね、池間さん・・・  1997.12.21 四谷フォーバレー

1993年の5月。テレ朝の廊下で久々に会った。
池「お~日浦!テレ朝で何してんの?」
俺「今日は、class で」
池「classのコーラスでもやってんの?」
俺「いや、俺がclassなんです!」
池「え~!?お前がclassなの?!」
とか言われながら、その翌年にはステージでclassのベースを弾いてたよね・・・  2018.8.2 六本木Claps

時が経つのは思ったよりも早い。
まだまだ俺は歌うよ・・・  2018.8.2 六本木Claps

ありがとう、池間さん。
さようなら、池間さん。

2019.12.30
—————————————
p.s. ↓このページの一番下に、池様んの2008年6月20日の書き込みがあるので良かった見に行ってね。
日浦孝則という男

2018.7西日本豪雨災害支援募金
ご協力ありがとうございました。

11月の秋のプチツアー、長崎、周南、広島、大阪、甲子園口、小田原にて皆さんに西日本豪雨災害支援募金をお願いしましたが、集まった募金は合計で 50,857円 でした!

集まった募金にいくらか加え、東広島市と呉市の自治体に直接それぞれ 35,000円 ずつ
「ふるさと納税」で寄付を行いました。

思い出すと、今年の7月7日、七夕の日、三原を朝9時に出発し広島のライブに車で向かいましたが、既に国道2号線は多くの箇所で道路が損壊し通行止めになっていました、
そのため海岸沿いの通り慣れた国道185号線を西に移動していきました。

実家のある安芸津町までは2カ所ほどの難所を越えるくらいで割と楽に辿り着くことが出来ました。

しかし、それ以上西へは呉市安浦町を越えられず土砂にまみれた市街を目にしながら通りました。しかたなく北へ向いましたが、広島国際大学の近くで大きな土砂崩れで通行できず、再び東に戻り竹原から東広島に抜けようとしましたが、途中で道路が陥没。

あとは、また安芸津に戻り、蚊無の道、女子畑の道、安浦の道など、助手席で奮闘する音響オペレーターであり高校時代の音楽仲間の村上と泥だらけになりながら広島へ行けるルートを探しましたが、誠に残念ながらすべての道が通行止めであり、午後4:30に広島でのライブ中止を決定することになりました。

道路という普段当たり前のように利用していたインフラが豪雨によって壊れてしまうと閉ざされた地域は孤立してしまう。もしも自分に一刻を争う事態が起きてその地域外へ移動する必要がある場合は一体どうしたらいいんだろう?空を飛ぶしかないです。道路の大切さを思い知った出来事でした。

普段からの道路の維持・管理も非常に大切なんですね。命にかかわることです。

みなさんに協力して頂き集まった今回の寄付が、そんな道路などの修復に役に立てて頂ければ幸いです。

皆さん、ご協力ありがとうございました!!